シミ

シミ

シミは、色素を持った発疹の総称です。治療の上で一番大切なのは、そのシミが何であるかを初めに診断することです。形や色、できやすい場所などがそれぞれ違う様に、治療法も様々だからです。シミには大きく分けて表皮内の変化と、真皮内の変化の2つのタイプがあります。そして、それぞれには以下のような種類のものがあります。シミは、実際の年齢より、見た目の年齢を高くしてしまうものです。シミをなくして 、いつまでも若々しい肌でいたいですね。

◎種類と特徴

A:表皮内の変化…表皮のメラニンが原因のもの
老人性色素斑 (日光にあたる部分にできる、いわゆるシミ。平らなものから、薄く平らに隆起したものまである。)
脂漏性角化腫 (いわゆる、イボ状を呈するシミ。表面の細胞が異常に増殖している。)
肝斑 (30~40代女性の顔、特に頬、額、口の周りに左右対称にできるもの。)
炎症後の色素沈着 (ニキビの炎症の後やケガの痕にできるもの。)
雀卵斑 (思春期に目立つようになる、主に顔の中心などに多発する細かい褐色斑。日本人にはほどんどみられない。)
B:真皮内の変化…真皮(表皮の下の層)のメラニンが原因のもの
太田母斑 (通常、生後1年以内に、特に目の周りや額に現れる。片側性のことが多いが、両側性のこともある。また、しばしば眼球にも色素斑を伴う。)
両側性遅発性太田母斑様色素斑 (一見、太田母斑に似ているが、中年以降に現れることや、両側性であることが太田母斑と異なる。)

◎シミの治療

シミの種類により、治療も異なります。診断の結果、以下の方法の中から最適なものを、ひとつ、またはいくつか組み合わせてご提案します。

クリニックでの治療
レーザー治療
ケミカルピーリング&イオン導入
・ 液体窒素療法
内服治療
・ ビタミン剤(Vit.C &Vit.B )
・ トラネキサム酸
外用治療
・ ハイドロキノン…高い漂白効果のあるクリームです。
・ トレチノイン含有クリーム…角化異常を改善します。
スキンケア
・ UVケア…年間を通して、紫外線対策をしてください。
Vit.C 美容液、ローション(家庭用イオン導入機を用いたケア)
ホームピーリング

◎レーザーの種類

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)
皮膚を蒸散させて、病変を取る方法です。主には、ホクロや、脂漏性角化腫を取ります。レーザー光で削り取ることをイメージとしてください。このレーザーを用いると、周りの正常な皮膚へのダメージが少なく、傷あとが残りにくく、仕上がりもきれいなため、最近ではホクロ治療の主流になっています。局所麻酔で行います。所要時間は、5~10分です。
アレキサンドライトレーザー

黒い色に反応するレーザーです。皮膚のメラニンや、毛のメラニンに反応しますので、シミ、ホクロの治療や、ムダ毛の治療に用います。1回の治療は、短時間で終わります。麻酔は必要ありません。そして、ムダ毛の治療の際には、痛みができるだけ少なくなるように、特殊な装置で冷却しながら行っていきます。

美容皮膚科 悩み一覧

ご予約・お問い合わせ 03-5468-3577

  • オンライン予約
  • メール相談

※お待たせしないよう、ご予約制になっております。お電話またはメールにて、お問い合わせください。

PAGE TOP