湿疹・かぶれ

湿疹・かぶれとは

特定の物質に触れることにより、赤み、ポツポツ、水ぶくれなどの発疹ができる疾患です。発症には、“刺激性”と“アレルギー性”、2つの機序があります。

◎種類

刺激性
初めて触れたものでも、一定の閾値を越えれば発症します。触れた部分に一致して発疹ができます。
アレルギー性
初めて触れた時には発症しません。原因物質に対してアレルギーが確立した後に、再び触れると、発疹が生じます。触れた部分を越えて発疹が広がります。

◎検査

原因物質を同定するために行います。

パッチテスト(貼付テスト)
原因として疑われる物質を肌に貼って調べます。判定は、貼付後、48時間後、72時間後の2回行います。

◎治療

原因物質に接触しないよう、気をつけることが第一に大切です。仕事上、やむを得ず使用するものの場合には、手袋などの使用が必要です。

外用療法
ステロイド剤…炎症を抑えるために欠かせない薬です。高い抗炎症効果があります。
内服療法
抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤 … 痒みが強い場合には、外用と併用します。

皮膚科施術一覧

ご予約・お問い合わせ 03-5468-3577

  • オンライン予約
  • メール相談

※お待たせしないよう、ご予約制になっております。お電話またはメールにて、お問い合わせください。

PAGE TOP