じんましん

強い痒みとともに、皮膚が蚊に刺された時のようにみみず腫れになる疾患です。発疹の形は、小さなものから地図のようなものまで様々で、出現する数も様々です。それぞれの発疹は数時間~半日程度で消えるのが特徴で、体の色々な部分に繰り返し出る場合もあります。出現、消退の繰り返しが一日から数週間で治まる場合には、“急性蕁麻疹”、1ヶ月以上繰り返す場合には、“慢性蕁麻疹”と言います。また、引っ掻いたところに、同じように発疹ができるのも特徴です。これを“人工蕁麻疹”と言います。

原因

蕁麻疹の原因を特定することは難しい場合が多く、原因不明と言わざるを得ないケースがほとんどです。しかし、以下のようなものが原因として挙げられていますので、思い当たる場合には、それを避けてみることをおすすめします。

アレルギー性 非アレルギー性
外因性 食べ物(魚介類、肉、乳製品、小麦、食品添加物 など)
薬剤
ダニ、ほこり、カビ など
花粉(季節性がある)
摩擦、圧迫、引っ掻くなどの刺激 温度(寒冷、温熱)刺激 日光
内因性 病巣感染(虫歯、扁桃腺炎 など)
感染症(風邪などの一過性のもの)
運動誘発性
ストレス(自律神経の乱れによる)
内臓の炎症(肝炎、胆のう炎、膵炎 など)
運動誘発性

上の表で、外因性でアレルギー性のものは、血液検査でアレルギーの有無を調べることができる場合があります。

◎治療

抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤の内服が治療の主体です。内服している間は発疹が抑えられていますが、内服を中止するとまた出現することがあります。内服は、発疹の再発をみながら、徐々に減らしていきます。最近では、眠くならない内服薬も開発されていますので、日中の内服ができ、便利になりました。

◎予防

飲酒、香辛料、運動などは、蕁麻疹を悪化させることがあるので、制限したほうが良いでしょう。

皮膚科施術一覧

ご予約・お問い合わせ 03-5468-3577

  • オンライン予約
  • メール相談

※お待たせしないよう、ご予約制になっております。お電話またはメールにて、お問い合わせください。

PAGE TOP