フケ

フケ症は、“脂漏性皮膚炎”という皮膚の疾患です。この“脂漏性皮膚炎”は、頭皮に生じるとフケ症と言われますが、顔や耳、ワキの下などにも生じます。発疹は、痒みを伴い境界がはっきりしていて、赤くかさかさしています。

原因

皮膚に存在するカビの一種「マラセチア菌」の過剰な増加です。この菌は、誰の皮膚にも存在しますが、皮脂(毛穴からでる皮膚の脂)を栄養として増殖することから、皮脂の分泌の多い人、多い部位によくみられます。
ただし、皮脂分泌の多い人が必ずしも発症する訳ではありません。皮脂のタイプの違いがあることが判っています。

◎治療

外用療法
抗真菌剤…原因であるカビを抑える効果があります。
ステロイド剤…皮膚炎(炎症)を抑える効果がありますが、長期使用はおすすめしていません。
内服療法
ビタミンB…皮脂の分泌をコントロールし、皮膚炎を改善する効果があります。
抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤…痒みが強いこともあり、無意識に掻いてしまうと、皮膚炎が悪化します。症状が治まるまで、併用する場合があります。
スキンケア
過剰に分泌した皮脂を、しっかり落とし、清潔に保つこと、よく乾かすことが大切です。洗顔、シャンプーをしっかり行い、外用剤を中心とした治療で改善します。 また、寝不足、アルコール、ストレスも、症状を悪化させる傾向があります。

皮膚科施術一覧

ご予約・お問い合わせ 03-5468-3577

  • オンライン予約
  • メール相談

※お待たせしないよう、ご予約制になっております。お電話またはメールにて、お問い合わせください。

PAGE TOP