• HOME
  • > 皮膚科
  • > アトピー性皮膚炎・ドライスキン

アトピー性皮膚炎・ドライスキン

アトピー性皮膚炎とは

慢性的に、痒みのある発疹が繰り返し起こる疾患です。患者さんの多くは、“アトピー素因”を持っています。アトピー素因とは、アレルギーを起こす物質(アレルゲン)にたいして、反応しやすい体質のことです。また、正常な皮膚には“バリア機能”が備わっています。これにより、外からの刺激から肌を守っています。このバリア機能が低下し、アレルゲンが侵入しやすくなっている状態(ドライスキン)もアトピー性皮膚炎の発症につながります。このような、遺伝的な体質に、乾燥した環境や、汗をかくこと、ひっかいて傷をつけたりすること、心的ストレスなどが、さらに誘因となるのです。

アレルゲン…ダニ、ハウスダスト、カビ、植物の花粉などがあります。血液検査によって、自分のアレルギーの有無を知ることは、生活の上でも、大切なことです。

遺伝的原因+環境などの要因=アトピー性皮膚炎

『アトピー性皮膚炎は、“日々のスキンケアと治療”との長い付き合いが必要な、根気のいる疾患です』 当クリニックでは、漫然と同じ薬を大量に出すという治療方法は行っておりません。経過をしっかり診させていただき、その時、その時で最善の処方をするよう心がけています。よって、長期(1ヶ月以上)分の処方は基本的にさせていただいておりません。

◎治療

外用療法
1.ステロイド剤
副腎皮質ホルモンの付け薬です。優れた抗炎症作用、免疫抑制作用があります。薬の強さは、5段階に分けられていますが、炎症の強さ、外用する部分によって、使い分けます。副作用が心配で、使用を拒む方もいらっしゃいますが、正しい使い方をすれば、副作用(皮膚が薄くなる、毛細血管が拡張する、感染しやすくなる など)が出ることはありません。皮膚科医の指導のもと、正しく使用してください。
2.非ステロイド剤
弱い抗炎症作用をもつ付け薬です。ステロイドに変わる治療法にはなりませんが、ステロイドと上手に組み合わせて使用すると、効果を発揮します。
3.免疫抑制剤(タクロリムス)
ステロイド以外に、効果的な薬がなかった中、アトピー性皮膚炎の新たな治療薬として登場しました。特に、ステロイドではなかなか治らなかった、顔の強い赤みに効果を発揮します。近年では、ステロイド外用から、早めにタクロリムス外用へ切り替えることを推奨しています。薬を塗り始めて数日間は、熱感、刺激感をほとんどの方が感じます。これは、必ず落ち着く反応なので、心配なくご使用ください。
内服療法
抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤の内服により、痒みを抑えます。アトピー性皮膚炎の悪化の原因である、掻く行動を抑えることはもちろん、痒みによる寝不足やイライラ、ストレスを抑えることにもつながるため、症状によって、増減しながら処方いたします。重症の場合には、精神安定剤なども併用すると、発疹の軽快につながることがあります。また、連日の痒みによる寝不足は、さらに発疹を悪化させる要因になります。弱めの睡眠導入剤の使用を併用する場合もあります。
スキンケア
アトピー性皮膚炎は、軽快、増悪を繰り返す疾患です。しっかりとスキンケアを行えば、軽快もしくは寛解の期間をより長くすることができます。毎日のことなので、面倒に思う方も多いようですが、お肌がデリケートなアトピー性皮膚炎の方だからこそ、十分に取り組んで欲しいことです。
ポイントは3つ。
清潔を保つ…肌に付着した汚れ、アレルゲンになりえる物質をしっかり洗い流すことが必要です。
刺激を与えない…肌に直接触れるもの(洗浄剤や衣類)は、極力優しいものにしてください。こすったり、掻くことも禁物です。
保湿する…肌本来が持つ、バリア機能が低下しているため、外からバリア機能を高めるよう補う必要があります。まずは、入浴後の保湿剤の使用を心がけましょう。

ドライスキンとは

ドライスキン(皮脂欠乏症)は、言葉の通り、皮脂の分泌が低下し、角質層に水分が低下して乾燥した状態のことです。これは、肌質や、年齢による変化で起こります。皮脂は毛穴から出て、肌の表面を覆い、乾燥から皮膚を守る働きがあります。この皮脂の低下は、肌本来の防御機能(バリア機能)の低下をもたらし、外からのあらゆる刺激に敏感になります。
特にこの疾患は、湿度の低い秋から冬によく見られ、中高年の脚や腰、背中によく見られます。乾燥状態を放置しておくと、次第に痒みが出てきます。そして、掻くことによって、炎症を起こし、紅斑(赤みのある発疹)が生じます。この状態は、皮脂欠乏性湿疹と言います。

◎治療

一番大切なことは、日ごろのスキンケアです。入浴時には、熱いお風呂に入り過ぎないようにしたり、こすり過ぎないようにしてください。低刺激の石鹸の使用をおすすめします。そして、入浴後には、必ず保湿剤の使用をしてください。保湿剤の成分にはいろいろな種類がありますが、セラミド、ヘパリン、ヒアルロン酸などがあります。
皮脂欠乏性湿疹は、保湿だけでは治りません。皮膚炎を抑えるために、以下のような治療が必要です。

外用療法
ステロイド外用剤
副腎皮質ホルモンの付け薬で、優れた抗炎症作用があります。薬の強さは5段階に分けられていますが、炎症の強さ、外用する部分によって使い分けます。副作用が心配で使用を拒む方もいらっしゃいますが、正しい使い方をすれば副作用(皮膚が薄くなる、毛細血管が拡張する、感染しやすくなる、など)が出ることはありません。皮膚科医の指導のもと、正しく使用してください。
内服療法
抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤の内服により、痒みを抑えます。アトピー性皮膚炎の悪化の原因である、掻く行動を抑えることはもちろん、痒みによる寝不足やイライラ、ストレスを抑えることにもつながるため、症状によって、増減しながら処方いたします。重症の場合には、精神安定剤なども併用すると、発疹の軽快につながることがあります。

皮膚科施術一覧

ご予約・お問い合わせ 03-5468-3577

  • オンライン予約
  • メール相談

※お待たせしないよう、ご予約制になっております。お電話またはメールにて、お問い合わせください。

PAGE TOP